×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

木嶋神社の湧き水を復活させる会
地元説明会
(平成15年12月25日(木)午後7時より太秦小学校ふれあいサロンにて)
 平成15年12月25日(木)午後7時より太秦小学校ふれあいサロンにて、木嶋神社の湧き水を復活させる会趣旨説明会が行われました。
 出席者は木嶋神社宮司、奉賛会、太秦自治連合、南太秦自治連合、太秦社会福祉協議会、右京区まちづくり円卓会議会員、森ケ東町、太秦小学校校長、京都環境アクションネットワーク、木嶋神社の湧き水を復活させる会、以上総勢34人の出席者でした。

夜にもかかわらず、沢山の方々が集まってくださいました。
 復活させる会より、発足の経緯、活動内容、今後の取り組みの説明。そして上林さくせん(井戸掘りの会社)による木嶋神社の地質調査の結果報告を元にした、湧き水復活の方法の説明がありました。
 京都環境アクションネットワークの松井さんから、京都市防災水利構想と3月14日に行われる、上田正昭氏講演会の説明をしていただきました。

木嶋神社 神服宮司さん

自治連合会のみなさん

湧き水復活の説明をされる植田さん
 途中、奉賛会や自治連合の人たちから、工事費についての質問がありましたが、我々だけでお金を集めて実行できるわけではなく、また我々だけの問題でもなく、防災面、歴史ある自然環境を守るために必要であると思われるので、京都市防災水利構想の一つにあげられたこの活動を地元地域の人たちから盛り上げていき、行政の力を借りて達成できれば良いとの意見にご理解を頂きました。
太秦小学校 岡田校長先生


京都環境アクションネットワーク松井さん


奉賛会のみなさん


奉賛会のみなさん
 最後に神服宮司さんから、集まっていただいた皆さんに、地元の小さなこの会の活動に応援して、盛り上げていって欲しいとの意見を頂戴して、出席された方々も宮司さんの発言に納得された様子でした。

森ヶ東町役員のみなさん